グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




認定・評価


海谷眼科は「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(白内障手術)」を厚生労働省の承認を受けた「先進医療」として実施できる施設に認定されております。

先進医療とは

先進医療とは、厚生労働大臣が保険適用外の先端的な医療技術と保険診療との併用を一定の条件を満たした施設のみに認める医療制度です。

費用について

先進医療に認定された医療機関以外で先進医療と同様の治療・手術を受けても先進医療とはみなされません。この場合、全てが公的医療保険の対象外となり診察料などを含め全額自己負担となります。

先進医療による治療を受けた場合には、「先進医療にかかる費用」は自己負担となるものの、術前術後の診察・検査、薬代、入院等に公的医療保険が適応となります。

さらに、先進医療の費用を保証する民間医療保険にご加入されている場合は、先進医療に係る費用が全額給付されることもあります。お支払い条件は保険会社によって異なりますので、詳しくは保険会社にお問い合わせください。