グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  医療・取り組み >  先端医療・高度医療 >  海谷眼科のレーシック

海谷眼科のレーシック


毎週水曜日・金曜日レーシック説明会開催中!
お気軽にご相談ください。
053-476-3388

安心と信頼の3つのポイント
1. 厚生労働省認定 最先端機器を使用し「高い安全性」と「視力の質の向上」を実現します。
2. 日本眼科学会認定 眼科専門医による確かな技術があります。
3. 術前検査やカウンセリングはもちろん アフターフォローまで万全の体制を整えています

ポイント1

厚生労働省認定 最先端機器を使用
「高い安全性」と「視力の質の向上」を実現

このようにフェムトセカンドレーザーを用いてフラップを作成し、ウェーブフロント方式という技術を用いたレーシック手術は、その高い安全性からNASAにより宇宙飛行士への施術方法として2007年より認められています。


ポイント2

眼科専門医による確かな技術で、レーシック手術を施行いたします

海谷眼科では、レーシックだけでなく角膜治療の臨床経験が豊かな眼科専門医によって診療を行っていますので、安心して屈折矯正手術を受けていただけます。

眼科専門医とは?

眼科専門医とは、眼科に関する知識と技術が規定の水準に達したことを日本眼科学会が認定した医師のことです。研修の修了、学会発表などの条件を満たした医師に認められる認定試験により認定を受ける事ができます。
5年毎の資格更新の為には、眼科診療の継続はもちろんのこと、学会での発表など所定の実績が必要となります。

院長のコメント

海谷眼科では、レーシックだけでなく角膜治療の臨床経験が豊かな眼科専門医によって診療を行っていますので、安心して屈折矯正手術を受けていただけます。
海谷眼科 院長 海谷忠良

京都府立医科大学 特任講座 感覚器未来医療学 教授
木下 茂 (きのした しげる)

国内以外の角膜疾患の研究を牽引する第一人者です。特に難治性眼表面疾患を対象とした再生医療について世界トップレベルの研究成果を上げられております。



ポイント3

術前検査やカウンセリングはもちろん、
アフターフォローまで万全の体制を整えています

手術にはさまざまな不安がつきものです。数年前にはメディアにてレーシックによる感染症例が報道されました。また感染症だけではなく、レーシックを受けた患者様が術後に地域の眼科クリニックや大学病院を受診するケースも見られるようになりました。
海谷眼科では、手術 後の目の状態が健康に保たれるよう術前のカウンセリングや検査はもちろんのこと、術後のアフターフォローまで万全の体制を整えていますので安心して手術を受けていただけます。

視能訓練士(ORT)による精密な検査

より良いレーシック手術を受けて頂くためには、術前の正確で精密な検査が大切です。また、術後の眼の状態を健康に守るため定期的な検査も重要です。当院では厚生労働大臣より免許を取得した経験豊富な視能訓練士(ORT)が検査にあたり、長期的に充分なアフターフォローを責任をもって行います。

急変時も24時間対応

急な症状変化が合った場合も24時間対応させていただいております。

感染症例0件

徹底した衛生管理のもと手術を施行しており、現在まで感染症例は一例もございません。

安心LASIKネットワークの一員です

当院は、安心に手術をお受けいただくための環境を整えている安心レーシックネットワークの一員です。