グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  眼の病気・治療

眼の病気・治療


眼の健康は身体全体の健康
目の健康は身体全体の健康とつながっています。
目の健康を維持するためには、病気の早期発見、早期治療が大切です。
皆さまの健康に役立てていただけるよう、目の病気や治療方法をご案内いたします。

白内障とは水晶体が白く濁って視力が低下する病気です。


眼の各部の名称と役割りの説明です。眼の疲れが健康に与える影響もご説明します。


視力を悪くする近視・遠視・乱視・老視についてご説明します。


緑内障とは何らかの原因で視神経が障害され、視野が狭くなる病気です。


糖尿病網膜症とは糖分の多い血液により血管が詰まり、眼底出血を起こす病気です。


網膜剥離とは見た物を写し脳に送る役割りをする網膜が剥れる病気です。


片方の眼が違う方向を向く斜視、矯正しても視力が出ない弱視、眼の発育が止まる病気です。


加齢黄斑変性とは黄斑の加齢に伴う変化によっておこる疾患です。


目の前に常に浮遊物が飛んでいる症状で、病気の徴候としてあらわれることがあります。


ドライアイとは涙の量や成分が変化して眼が乾き、障害が起きる症状です。


花粉症はシーズン前からの予防的な治療をすることで症状を抑えることができます。


はやり目とは主にウイルスによって引き起こされる急性結膜炎です。


角膜感染症とは病原体が角膜に感染し、炎症を起こしている状態です。


はやり目・ものもらい・さかさまつげ等の予防策、治療方法です。