グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  眼の病気・治療 >  斜視・弱視

斜視・弱視



子どもの視力は成長します

生まれたばかりのあかちゃんは、明るいか暗いかぐらいしか分かりません。しかし、1ヵ月くらいでものの形が、2ヵ月くらいで色が分かるようになります。さらに4ヵ月になると、動くものを追って目を動かせるようになります。
そして、6歳くらいには大人と同じくらいの視力を持つようになります。

視力の発達にはものを見ることが大切です

こどもの視力が発達するためには、毎日ものを見ている必要があります。これは目から受けた刺激を、脳が正しく理解するのに、訓練が必要だからです。訓練といっても、特別なことをするわけではありません。目を開けていろいろなものをみているうちに、目からの刺激を脳が正しく理解するようになるのです。

斜視とは

ふつう、ものを見るときには両方の目が、見ようとするものの方向に向いています。ところが、片方の目が見ようとするものを見ているにも関わらず、もう片方の目が目標と違う方向を向く場合があります。
これを斜視といいます。斜視はこどもの2%くらいにみられる病気です。

斜視の種類

斜視は目の位置によって、内斜視(ないしゃし),外斜視(がいしゃし)、上斜視(じょうしゃし)、下斜視(かしゃし)にわけられます。

※右目を正常な位置とした斜視の種類

斜視の原因

斜視の原因として、次のようなものがあります。

■眼の筋肉や神経などの異常
目を動かす筋肉や神経にわずかの異常があると、目の位置がずれ、両目が一緒に正しくものを見ることができず、斜視になります。

■遠視
目はものを見るときにそのものにピントあわせを行います。近くを見るときには、目は内側によります。遠視では、強くピントあわせを行わないと、はっきりと見えないため、目はかなり内側によってしまい、斜視になる場合があります(内斜視)

■両眼視(りょうがんし)の異常
遺伝や脳の一部のわずかな異常が原因で、両眼視がうまくできない場合、それぞれの目がばらばらな方向を見るようになり、斜視になります。

■視力不良
病気やけがで、片方の目の視力が悪くなると、両眼視ができず、視力の悪い目が斜視になる場合があります。大抵の場合、その目は外側を向きます(外斜視)。

■両眼視とは?
両眼視とは2つの目で見たものを脳で1つにまとめる働きのことです。両眼視ができないと、ものが二重に見えたりするばかりでなく、立体感を感じることもできません。両眼視は生後1年くらいでできるようになり、6歳くらいには完成します。

斜視の調べ方

斜視は両目の向きが異なるため、少し気をつけると、家族の方が見ても分かります。斜視は早期に治療しないと、弱視やものが二重に見える複視(ふくし)の原因になりますので、斜視に気がついたら、はやく眼科を受診しましよう。

■偽斜視(ぎしゃし)
あかちゃんは、鼻が低くて、その根元が十分に発達していないために、両方の目の間が広くなっており、白目の内側が見えない場合があります。
外見上は内斜視のように見えますが、本当は斜視ではありません。これを偽斜視といいます。偽斜視は鼻の根元が成長するに従って、内斜視のように見えていたものが、正常に見えるようになります。

斜視の治療法

斜視の原因が遠視の場合には、通常、凸レンズのめがねをかけて、遠視を矯正します。時には調節を改善する目薬を用いることもあります。また、原因が遠視以外の場合には目の筋肉を調節する手術を行うことがあります。手術は通常、点眼麻酔で短時間で終わりますが、乳幼児の場合には、全身麻酔で行います。
ただし、手術で目の向きをなおしても、両眼視ができない場合がたまにあり、この場合には両眼視のための訓練を行う必要があります。また、斜視から弱視になっている場合には手術の前や後に弱視の視力増強訓練を行う必要があります。

弱視とは

こどもの目の発達には、たえずものを見る訓練が必要であることは、先にのべました。それでは、もしこどもの視力が発達する途中で、たえずものを見る訓練ができなかったらどうなるのでしょうか?
この場合、視力の発達は押えられ、止まってしまいます。これを弱視といいます。弱視とは、メガネやコンタクトで矯正しても、視力が出ない目のことを言います。裸眼視力が例え0.1であっても、メガネなどで矯正して1.0の視力が出れば、弱視とは言いません。

弱視の原因

弱視はものを見る訓練ができないと起こりますが、ものを見る訓練ができない状態になる原因としては以下のようなものがあります。

■斜視
斜視があると、両眼視ができないため、ものが二重に見えます。ものが二重に見えると、脳が混乱するため、斜視になっている片方の目を使わないようになり、使わない方の目が弱視になる場合があります。これを斜視弱視といいます。

■遠視
遠視があると、近くを見るときも、遠くを見るときもはっきりと見えないため、視力が発達せず弱視になる場合があります。

■その他
生まれつき、白内障などの目の病気がある場合、あるいは乳幼児期に眼帯を長い間(3~7日間程度)つけたりした場合、ものを見る訓練ができず、弱視になる場合があります。

弱視の調べ方

斜視と違い、弱視は保護者の方が注意していても分からないことがままあります。特に片方の目だけが弱視の場合、よい方の目で普通に見ているため、気がつかないことが多いようです。3歳児健診の視力検査を必ず受けるようにしましょう。

弱視の治療法

視力の発達が抑えられている期間の長さや程度によって、よくなる場合とならない場合があります。3歳くらいまでに見つかると、なおる可能性は高くなります。弱視をなおす方法としては、遠視が原因の場合には遠視用のめがねをかけます。メガネで矯正して網膜にピントをきちんと合わせ、鮮明な像を脳に送り、視機能の発達を促すことが治療の基本となります。その他の場合は弱視の視力増強訓練を行う必要があります。
弱視の視力増強訓練は遮閉法(しゃへいほう)という方法で行います。遮閉法はふつう健全の方の目をアイパッチと呼ばれる大きな絆創膏のようなもので隠すことによって、弱視の目を無理に使わせようとする方法です。この方法は病院だけではなく、家庭でもずっと行わないと意味がありませんので、家族の協力が必要となります。
遮閉法を行うときには眼科医の指示に従いましよう。
また、4歳児以上では視能訓練士による器械を利用した訓練を行います。

■家庭で弱視を発見するには?
・テレビを前の方で見る
・目を細める
・いつも頭を傾けてものを見る
など。いかにもものを見にくそうにしている場合には注意しましょう。また片目がよく見える場合にはなかなか気づかないので、片目を隠してカレンダーや時計を見せてみましょう。少しでも異常に気がついたときは必ず眼科を受診しましょう。

まとめ

目の機能の発達にもっとも大切なのは幼児期で、家族の方のちょっとした注意で斜視や弱視が見つかることもあります。斜視・弱視は早期発見、早期治療が大切です。神経質になりすぎる必要はありませんが、少しでもおかしいと思ったら、必ず眼科専門医に相談しましょう。

斜視・弱視の症状・治療についてのよくある質問と回答をご紹介します。