グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  眼の病気・治療 >  子どもの目の病気 >  斜視・弱視用眼鏡療養費について

斜視・弱視用眼鏡療養費について


保険適用できる?お子様のめがね

お子様が使用する斜視・弱視用の矯正眼鏡は、いくつかの条件を満たすとき、眼鏡の購入代金の一部が返金されます。
対象 9歳未満の小児が使用する斜視・弱視用眼鏡
またはコンタクトレンズ
申請窓口 各保険者が窓口となります

保険者とは

保険証の一番下に記載されている、保険証を管轄している団体のことです。たとえば、国民保険ならば各市区町村、社会保険ならば勤務先や協会けんぽ支部などです。(社会保険の場合、どこが窓口かわからない時は、まず勤務先へご相談ください。)


申請の流れ

  1. 医療機関で、医師に眼鏡の処方を受け、医師の意見書・処方箋を受け取る。(海谷眼科では処方箋兼意見書となっています。)
  2. 医師の意見書・処方箋(1)を眼鏡店に持参して、眼鏡を購入する。
  3. 各「保険者」へ申請を行う。

<持参するもの>
  • 医師の意見書・処方箋(1)
  • 眼鏡の領収書(2)
  • 保険証・印鑑

2回目以降の申請について

2回目以降の申請では、以下の条件が追加されます。
  • 5歳未満は前回申請から1年以上経過していること
  • 5歳以上~9歳未満は、前回申請から2年以上経過していること

注意ポイント

  • 医師の処方以外の眼鏡について(眼鏡店における処方など)は対象外とされています。
  • 眼鏡購入代金の全額が返金されるわけではありません。
  • 上限額も設定されているため、返金額は個々の状況により変動します。
  • 「保険者」によっては申請に関する指定書式が用意されている場合もあります。
  • 「保険者」によって、独自の範囲や申請の流れとなる場合もあります。

なぜ子どもの眼鏡が対象なの?

斜視・弱視用の眼鏡は成長過程の子どもに必要な治療用とみなされます。そのため保険適用の対象として扱われます。

医療相談室のご案内

けがや病気になったとき、様々な問題が出てくることがあります。

例えば『医療費の支払い』『入院で会社を休まなければいけない』『介護が必要になった』など…。

海谷眼科 医療相談室では、福祉制度の利用などを通してそれらの問題解決の方法を患者様と共に考えていきます。「斜視・弱視用眼鏡療養費申請」につきましてもご不明な点がございましたら、お気軽にお声をかけてください。