グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  眼の病気・治療 >  飛蚊症

飛蚊症



飛蚊症とは

飛蚊症イメージ写真

髪の毛や糸くずなどの浮遊物が飛んで見えます

明るいところや青空を見つめたときに、目の前に髪の毛や糸くずなどの浮遊物が飛んで見える場合があります。視線を動かすと一緒に移動しているように感じられ、まばたきをしても目をこすっても消えません。でも暗いところでは気になりません。 このような症状を飛蚊症(ひぶんしょう)と呼んでいます。気にしなくてもいい場合もありますが、病気の徴候としてあらわれることもあります。

飛蚊症の原因

飛蚊症イメージ図

硝子体のにごりの影が細かな糸のように感じます

目の中央には硝子体といって、ゼリー状の透明な液体がつまっています。この中に濁りができると明るいものを見た時に、その濁りの影が目の底の網膜(カメラのフイルムのようなもの)にうつり細かな糸のように感じるのです。この濁りは老化などによる硝子体の変性、出血、炎症などが原因で起こります。

若い人の場合

母親の胎内で胎児が成長する過程では硝子体に血管が通っていますが、通常は生まれた時点はこの血管はなくなっているのがふつうです。しかし生まれた後も血管のなごりが硝子体に残ると、これが濁りとなって飛蚊症の症状が出ることもあります。
この場合は、生理的なもので健康な方にも起こる現象ですから、症状が進まない限りはあまり気にしなくてもよいでしょう。症状に気がついたら、その原因を判断する必要があります。

中高年の場合

加齢によって硝子体はゼリー状から液状に変化し、硝子体はしだいに収縮して網膜から剥がされていきます(硝子体剥離)。このような変化が飛蚊症の原因ですが、小じわや白髪と同じようなもので時の経過による自然な現象です。
また、若い人でも近視の方には硝子体剥離が早期に起こりやすく、しばしば飛蚊症のもととなります。このタイプの飛蚊症と診断された場合には治療の必要性はありません。症状が現れはじめの時期は多少うっとおしいと感じますが、慣れれば問題はありません。しかしいつか消えるというものではありません。むしろ年々増えると思った方がいいでしょう。この加齢による硝子体剥離は病気ではありませんが、場合によって網膜を引き裂くこともあるので注意は必要です。浮遊物が急に増えたら要注意ですのでなるべく早く専門の眼科医による診察が必要です。

飛蚊症をおこす病気の種類

■硝子体剥離
飛蚊症の原因として最も多いものが硝子体剥離です。 硝子体とその奥にある網膜は通常はぴったりと着いています。それが外れると接着部分が硝子体混濁となり、その影が飛蚊症となります。この接着部分はひとつの輪になっているものですが、やがてその輪が幾つにもわかれます。ですから飛蚊症もはじめは大きな黒い輪のようなものが見えますが、やがて小さな幾つもの黒点に数がふえ、位置が変化していきだんだん気付かなくなることが多いようです。この硝子体剥離の原因は、老化現象としても起こります。また強度近視の方には必ず起こるものです。その他には目を打撲した時にも起こります。治療の方法はありませんが進行するものでもありません。気にかかる症状があるようでしたら、早めの検診をお勧めします。

■強度近視
強度近視の方には様々な目の病気が起こる可能性があります。そのひとつに硝子体剥離があります。さらに網膜が萎縮変性して硝子体混濁が起こります。これらの症状は飛蚊症として感じます。この場合は放置しておいても問題はありません。しかし網膜の萎縮変性から硝子体混濁以外に網膜に穴があいている場合があります。この網膜裂孔は網膜剥離につながる場合があります。そうなると至急に手術をしなければなりません。
強度近視の方の飛蚊症は、網膜剥離の前兆かもしれませんので、できるだけ早く専門医の診察を受けることが必要です。

■硝子体出血
目の中で出血して血液が硝子体の中に入ると飛蚊症として感じます。糖尿病、高血圧のように出血しやすい病気がある時や、目を打撲した時に起こります。この時の飛蚊症は突然おこり進行はしません。出血が大量ですと視力も落ちます。安静にしながら糖尿病、高血圧などの元の病気の治療も必要です。硝子体は血管がなく、循環が悪い所なので、硝子体出血もなかなか吸収しませんが、出血が再発しない限り時間とともに回復します。

■炎症
目に炎症があるため硝子体混濁が起ることがあります。この時の飛蚊症は軽いものから始まり、だんだんひどくなり、やがては物を見るのにも支障が起こります。炎症を治療することが必要です。

■生理的飛蚊症
病気ではありませんが飛蚊症の症状があらわれる場合を、生理的飛蚊症と呼んでいます。これは胎児の時期に消える硝子体の中の組織がそのまま残って飛蚊症として感じるものです。この場合は程度も非常に軽く、進行はせず、病気ではないので気にしないでかまいません。
これ以外にぴかぴかと光るものが見える光視症というものがあります。これは飛蚊症とは違うものです。頭の血管の痙写 (脳貧血に似たもの)が原因のこともあり、網膜剥離のような目の病気が原因の場合もあります。

飛蚊症の症状・治療についてのよくある質問と回答をご紹介します。