グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  眼の病気・治療 >  飛蚊症 >  飛蚊症についてのQ&A

飛蚊症についてのQ&A


症状について
Q.急激に『浮遊物』の様なものが見えてきましたが何でしょうか? 詳細を見る
Q.飛蚊症は病気ですか? 詳細を見る
検査について
Q.飛蚊症の主な検査は何ですか? 詳細を見る
治療について
飛蚊症の治療方法は? 詳細を見る
その他
Q.飛蚊症の予防方法はありますか? 詳細を見る

症状について

Q
急激に『浮遊物』の様なものが見えてきましたが何でしょうか?
飛蚊症の症状の急な変化は、目の病気を知らせるサインです。硝子体剥離やその他の原因で網膜に穴が開いたり(網膜裂孔)、その穴を中心に網膜が下の層から剥がれて硝子体の方へ浮き出す(網膜剥離)ことがあります。このような現象が起こると初期症状として目の前を飛ぶ『浮遊物』の数が急に増加し、放っておくと失明にいたります。
網膜裂孔の治療ではレーザー光線で裂孔の周囲を焼き固め(光凝固法)、剥離を防止します。これは通院治療で行えますが、網膜剥離を起こすと入院・手術が必要となります。
網膜剥離が進むと、はがれた網膜の部位に相当する視野が、カーテンがかかったように見えなくなってきます。網膜の中心にある黄斑部に剥離が及ぶと、急激に視力が落ちてきます。
Q
飛蚊症は病気ですか?

飛蚊症は病気でないものがほとんどですが、思いもかけない目の病気が原因となっていることがあります。症状に気づいたら早めに診察を受けることをお勧めします。本当に飛蚊症かどうかを相談してから、飛蚊症と診断されましたら精密検査で網膜や硝子体を検査することをお勧めします。

検査について

Q
飛蚊症の主な検査は何ですか?
飛蚊症には、そのままにしても当面支障のないものと、重大な病気の前触れであるものがあります。では、その違いをどう見分けるのでしょう。飛蚊症がひどくなってきたときの検査でもっとも重要な検査は眼底検査です。検眼鏡を使って瞳孔から眼球の奥の網膜の状態を調べます。
後部硝子体剥離だけなら、まだ危機的な状態ではありません。しかし硝子体と癒着した網膜が引っ張られているような場合は、すぐに治療しなければなりません。網膜裂孔や網膜剥離が認められれば、すぐに手術する必要があります。
眼底検査の結果、生理的なものと判定されれば、過度に心配せず、浮遊物を見えないような状況を作ったり、慣れるように努力しなければなりません。じょじょに気にはならなくなりますが、浮遊物が消失することはありません。 

治療について

Q
飛蚊症の治療方法は?
生理的飛蚊症(老化現象)ならば治療方法はありませんが、病的な症状(網膜裂孔、網膜剥離)でしたら手術が必要となります。網膜裂孔の場合、剥離していなければ「レーザー光凝固法」で治療します。
レーザー光凝固法とは、レーザーを裂孔の周囲に照射し、網膜を焼き付けて孔をふさぐという治療法です。点眼による麻酔だけで行うことができ、痛みはほとんどありません。治療時間も、5~15分程度です。
現在では、網膜剥離を起こしても、失明の危機を回避できる可能性は高まりました。しかしその場合でも、早期治療は大前提です。

その他

Q
飛蚊症の予防方法はありますか?
飛蚊症を予防する手段としては生活習慣を正す事が大事です。寝不足や、目の使いすぎといったことに気を配りましょう。