グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  眼の病気・治療 >  はやり目(ウィルス性結膜炎)

はやり目(ウィルス性結膜炎)



結膜炎とは

結膜は、白目表面からまぶたの裏側までをおおっている粘膜です。
白目の表面のところは眼球結膜、まぶたの裏側のところは眼瞼(がんけん)結膜とよばれます。結膜は、眼球とまぶたをつなぎあわせてそれらがうまく動くようにしています。
また、涙線でつくられる涙は眼球表面をうるおし、ごみや老廃物を流し出して、細菌やウイルスなどが眼球の中に侵入するのを防ぐ役割をしています。

急性結膜炎の症状

結膜炎になると、結膜が赤くなったり(充血)、まぶたの裏側にブツブツができて目やにや涙が増え、かゆみ、しょぼしょぼ感、ゴロゴロ感、まぶしい感じなどがあらわれます。
症状がひどくなると、出血、耳の前のリンバ腺(耳前線)の腫れ、まぶたの急激な腫れ、白目がブヨブヨしてくる(結膜浮腫)、発熱などが起こることもあります。

急性結膜炎の原因

細菌・ウイルス・カビなどの微生物、紫外線、ほこり・ごみ・摩擦などの物理的刺激、酸・アルカリなどの化学的刺激、花粉などによるアレルギー反応などによって結膜に炎症が起こります。
このうち、短期間に集団的に発生する急性結膜炎がいわゆる“はやり目”というアデノウイルスによるもので、日常よく見られる代表的な病気です。
これは、患者の目からの分泌物がもとで伝染します。ウイルスによるものが最も多く、伝染性も非常に強いので感染予防がとても大切です。

ウイルスとは

ウイルスは、細菌よりも小さい目に見えない微生物で、自分で生きることができません。ヒトや動物の細脳内に侵入して、その細胞を自分の住みやすいように変えて住み着きます。ウイルスの住み着いた細胞はやがて衰え、死んでしまい、病気になります。
ところが、ウイルスに対するヒトや動物の抵抗性が強い時は、ウイルスは活動をすることができないので、病気になりません。ウイルスに侵されないためには、強い体を作ることが大切です。

ウイルス性急性結膜炎の種類と症状

はやり目ー流行性角結膜炎
(アデノウイルス8型・4型・37型・19型感染)

まぶたの裏側のブツブツや充血、まぶたの腫れ、流涙(りゅうるい)などの症状が激しくあらわれます。感染してから7~14日で発病します。

プール熱ー咽頭結膜熱
(アデノウイルス4型・3型)

プールで感染することがあり、プール熱ともよばれます。結膜にブツブツができて、咽頭炎による発熱を起こします。感染してから5~7日で発病します。

急性出血結膜炎
(エンテロウイルス70型感染)

感染してから1~2日後に突然眼球結膜に出血、を起こし、ゴロゴロ感、充血、まぶしさなどがあらわれ、結膜にブツブツができます。

ウイルス性急性結膜炎の治療法

この病気に有効な点眼薬はありません。ウイルスに対する抵抗力をつけるため、休養を十分にとって体力をおとさないことが必要です。
また、補助的に他の感染を起こさないために抗菌点眼薬や、炎症をおさえるためにステロイド点眼薬などを使用します。他の人にうつさないように十分注意しましょう。

後遺症と合併症への注意

結膜炎の症状がおさまってきた頃に、黒目(角膜)の表面に小さな点状の濁りが出てくることがあります。
このときに治療をやめると、黒目が濁って視力がおちてくることがありますので、治ったかなと思っても、医師がいいと言うまで点眼などの治療を続けるようにしましょう。

プールでの注意点

・水からあがったらすぐに水道水で目を洗う。
・泳いだあと、目が充血していてもあわてず様子を見る。(ウイルス性結膜炎でないことも多い)
・泳ぐ時は水中メガネなどを使用する。
・プールサイドに点眼薬を持っていかない。(薬の変質、汚染の恐れがある)
・目が充血していて目やにが出る日はプールに入らない。

はやり目感染予防対策6箇条

  1. 手を流水やせっけんでよく洗う。
  2. 休養をよくとって体力を落とさない。
  3. 人混みへ出かけない。
  4. 患者のタオル、洗面具などは家族と別にする。
  5. 学校、幼稚園、保育園は医師の許可がでるまで休む。
  6. 医師の許可があるまでプールに入らない。

はやり目の症状・治療についてのよくある質問と回答をご紹介します。