グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  海谷眼科について >  よくいただくご質問

よくいただくご質問


受診に関して
Q. 初診で海谷院長の診察を希望しているが、医師の指定はできますか? 詳細を見る
Q. 休日に急に容体が悪くなってしまったのですが、受診はできますか? 詳細を見る
Q. 予約をしていましたが、急に眼の調子が悪くなってしまいました。どうしたらよいでしょうか? 詳細を見る
Q. なぜ視力検査を行うのですか?(目の痛みなどで来院された場合) 詳細を見る
書類に関して
Q. 診断書を書いて欲しいのですが、どこに提出したらいいですか? 詳細を見る
予約に関して
Q. 初診は予約したほうがよいのでしょうか? 詳細を見る
Q. 予約時間より早く来たのに時間になっても呼ばれない。自分の番号が飛ばされて呼ばれているのはなぜですか? 詳細を見る
入院・手術に関して
Q. 手術は日帰りもできますか? 詳細を見る
Q. 入院時、付き添いは必要なのでしょうか? 詳細を見る
Q. 知り合いが入院しています。病室を教えてほしいのですが。 詳細を見る

受診に関して

Q
初診で海谷院長の診察を希望しているが、医師の指定はできますか?
はい。ご希望を承っております。なお院長の初診担当日は月曜午前となりますので、月曜午前がご都合の悪い場合は、初診時は他の医師で診察させていただき、再診時に院長診察を受けることも可能です。初診受診時にお申し出願います。
できましたら、事前にご連絡いただきご予約いただけましたら幸いです。
Q
休日に急に容体が悪くなってしまったのですが、受診はできますか?(夜間等受付時間外も)
当院は、急患の方は24時間、365日受診できる体制を整えております。
海谷眼科代表番号:053-476-3388 までお電話いただければ、対応させていただきます。
Q
予約をしていましたが、急に眼の調子が悪くなってしまいました。どうしたらよいでしょうか?
症状が急変された場合は、当院では24時間診察を受け付けております。
診療時間中であれば、ご連絡いただいてすぐに受診いただき、診療時間外・休日の場合は、代表電話にご連絡いただけば医師の診察を受けられる手配をさせていただきます。
Q
なぜ視力検査を行うのですか?(目の痛みなどで来院された場合)
痛み等の受診であっても、視力を測ることで眼の異常を発見することができるためです。
視力検査はその日の目の状態を確認するもので、レンズを入れて最高視力がどの程度か、左右別々に確認します。目の微妙な変化を反映することがあり、病気の早期発見につながります。また、病気の進行具合もわかります。目に病気がある場合は、レンズを入れても視力が出ません。
視力検査は、大切な見るための機能を評価する指標であり、眼疾患の治療や管理を進めるうえで必要不可欠です。必要があって行なっておりますので、ご理解いただきますようお願いいたします。

書類に関して

Q
Q. 診断書を書いて欲しいのですが、どこに提出したらいいですか?
受付窓口にご提出願います。生命保険の診断書であれば、ご依頼の量が多いため、申し訳ございませんがお時間をいただいております。費用は8,000円(税抜き)となります。

予約に関して

Q
初診は予約したほうがよいのでしょうか?
初診は初診担当医師が診察させていただきますが、院長希望の場合は、原則月曜午前のみとなります。ご予約がなくても必要に応じ診察させていただきますが、事前にご予約をされた方が、検査や診察の効率も良くなりスムーズな診療が可能になります。出来ましたら、事前にご連絡いただき、ご予約いただけましたら幸いです。ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

また、院長診察ご希望で月曜がご都合悪い場合は、初診時は他の医師で診察させていただき、再診時に院長診察を受けることも可能です。初診時にお申し出願います。
Q
予約時間より早く来たのに時間になっても呼ばれない。自分の番号が飛ばされて呼ばれているのはなぜですか?
お待たせして申し訳ございません。
当院は予約制になっておりますので、早く来院された場合、予約いただいた時間内での受付けは早まりますが、予約時間前まではそれぞれの時間の予約の方が優先となります。
受付番号はあくまで受付した順番の番号で、お呼びする順番とはなっておりません。受付番号は患者様をお呼びする場合の当日限りの固有番号となります。その点、ご了承願います。

入院・手術に関して

Q
手術は日帰りもできますか?
疾患によっては、可能な場合もございます。患者様のご要望や年齢・体調等により、最終的には医師が判断させていただきますので、ご相談願います。

<どんな手術が日帰り可能か>
白内障、霰粒腫や眼瞼下垂といった瞼の疾患、硝子体の注射、レーシック、レーザー治療等が、日帰りでの手術が可能ですが、症状の度合いや手術の方法によっては、入院をお願いする場合もございますので、その点ご了承いただきたいと思います。
Q
入院時、付き添いは必要なのでしょうか?
当院は完全看護体制ではありません。安全に過ごしていただくために下記に該当する場合等には付き添いをお願いしております。
  • 全身麻酔での手術
  • 認知症
  • ろうあ者(筆談が必要)、強度の難聴
  • 歩行が不自由(杖、シルバーカーを使用している場合も含む)  
  • 移動、食事、排泄等日常生活に介助が必要
  • 視野が狭い、視力低下などにより介助が必要
  • 80歳以上で医師、看護師が必要と認める場合《/リスト要素
※上記に該当しない場合でも、入院中の生活によっては夜間の付添をお願いすることがあります。
※付き添いの方の着替えは各自でご用意ください。
※付き添いの方の食事が必要な場合はご用意いたしますので、前日までにお申し付けください。
尚、どうしてもご家族がお付き添いできない場合、家政婦の紹介所をご案内しております。詳細についてはご本人様・ご家族様同伴の上、紹介所と直接ご相談・ご確認ください。
Q
知り合いが入院しています。病室を教えてほしいのですが。
お見舞い時に2階ナースステーションにて病室のご案内をいたします。
防犯上、来院時間・お名前等のご記入をお願いしております。
個人情報保護のため、お電話でのお問い合わせにはお答えいたしかねますのでお願いいたします。