グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  ご利用案内 >  医療相談 >  介護保険

介護保険


介護保険とは?

加齢に伴う病気などで日常生活に不便を感じている方に対し、様々なサービスの利用により、できる限り自立した生活を送ることができるようにし、心身の状態の改善、悪化の防止を目的としています。
家族にとっても介護などの心身の負担を軽減する意味を持ちます。
たとえばこんな時
【本人】
買い物や掃除、食事の用意などが一人では難しくなってきた。/外出するのが難しくなり、外出の機会が減った。/家にいることが多くあまり体を動かすことも減ったため、体力が低下してきた。/何かあった時に施設入所などを相談できるところはないか。など。
【家族】
付添いをしなければいけない自分が体調を崩してしまったらどうすればいいのか?/親族の冠婚葬祭で自分が不在にの時はどうすればいい?/家族だけですべてをサポートするのはなかなか難しくなってきた。など。

どういう人が対象なの?

◎65 歳以上のすべての方 
 ⇒「第一号被保険者」
◎40 歳以上64 歳以下で指定された病気
 (例えば、糖尿病疾患など)のある方
 ⇒「第二号被保険者」

どういう内容があるの?

訪問系サービス
ホームヘルパーの派遣(身体介護の補助や家事全般の代行等)やリハビリの実施、入浴の補助、看護師の派遣など自宅における利用。

通所系サービス
日中に近隣の施設へ出向く、いわゆる「デイサービス」、「デイケア」とも言われるもの。

短期滞在系サービス
家族などの事情や負担軽減等を目的とした短期間の施設入所(宿泊)、いわゆる「ショートステイ」とも言われるもの。

居住系サービス
有料老人ホーム・ケアハウスなどへの入所。

入所系サービス
特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・介護療養型医療施設への入所。

その他、グループホーム、認知症専用デイサービスの利用などもあります。

申請窓口は?

お住まいの市区町村役場、またはサービスセンターが窓口となります。

申請の流れは?

  1. 「主治医」を決めて各窓口へ申請する。
  2. 「主治医」が意見書を作成する。
  3. 上記②と併行して、本人は自宅で「訪問調査」を受ける。
  4. ②と③の結果をもとに、審査が実施される。
  5. 介護認定可否および介護度の決定を受ける。
  6. 「介護度」に応じて利用するサービスを決める。多くの場合、担当の「ケアマネージャー」を決めて、一緒に計画を立ててもらうことが望ましい。
  7. その後、サービス利用へ。

【主治医とは】
介護保険で言う「主治医」とは、その方が一番不自由している部分の原因となる病気で受診している医師のこと。いわゆる「かかりつけ医」とは別になります。
【訪問調査とは】
市区町村から派遣された調査員が本人の自宅に出向き、本人の在宅における日常生活の様子(立つ、座る、歩く、食べる等)を確認・評価します。
【介護度とは】
要支援1~2と、要介護1~5の各段階があり、その方の心身の状況に見合った等級が判定されます。サービスを利用する際に、介護度に応じて公費負担が利用できる範囲が決められています。
【ケアマネージャーとは】
介護保険を利用する上で各種の相談・調整等をしてくれる担当者です。本人の現状を把握し、希望を聞き取り、実際に公費負担が利用できる範囲(介護度)の中で最適な方法を一緒に考えてくれます。
さまざまな事業所や医療機関、地域包括支援センター等に所属しており、まず本人・家族がケアマネージャーを選択し依頼する必要があります。