グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  叱咤激励箱 >  声が高く早口のスタッフについて

声が高く早口のスタッフについて


ご意見

昨日父の黄斑変性症の注射で(付添い)受診しました。2Fの待合室の中で看護師が術後の説明等して下さいましたが、声が高く早口なのが少し気になりました。若い方対象ならあの接遇でも構いませんが見回す限り、後期高齢者も多かった様に思います。
高齢者にとって女性の高い声、早口はとても聞き辛いものです。耳の遠い方も居ます。一対一で向き合って看護師と話す姿を見ても聞き直している姿をチラホラ見掛けました。
少し低目の落ち着いた声で、もう少しゆっくりと話し掛けて頂けると皆さん安心できると思います。たたみかける様な高音早口は少々高齢者には威圧的にも感じると思います。多忙な中、早口にもなると思いますし、日常自らの声色を気に掛ける事も少ないとは思いますが、気にかけて頂けたら幸いです。
[投函日:2016年10月]
回答

貴重なご意見をいただきまして誠にありがとうございます。
看護師の説明方法について、患者様に沿った対応ができておらず、大変申し訳ございませんでした。慌しい状況の中での対応で、早口になってしまった様子ですが、説明することの目的は患者様にご理解いただく事にあります。目的を理解できていれば、高齢者のみならず、どの患者様に対してもわかりやすく説明させていただくことが必要でありました。  今回のご指摘をいただき、看護師全員で反省するとともに、目的の理解と今後の説明の仕方について指導を行いました。患者様がより分かりやすくなるよう、患者様に合わせた説明を実施していくよう教育して参ります。