グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  叱咤激励箱 >  視能訓練での言葉掛けについて

視能訓練での言葉掛けについて


ご意見

視能訓練にあたり、はずれ?の言葉掛けはどうなのでしょう。
子どもはまじめに取り組んで見えるか見えないかの検査なわけだから、はずれと言われた子どもの気持ちはどうなのだろう。見えてるね、わかったよ等配慮すべきでは。幼児教育、心理学等、もう少し勉強して子どもと接するべきだと感じます。
[投函日:2016年1月12日]
回答

貴重なご意見をありがとうございます。
お子様に対する、配慮が足りず申し訳ございませんでした。
小児に対しては、検査というよりもゲーム感覚で楽しませながら行う事で「やる気」に繋げたり、集中力を高めたりするような声かけをしていく事があります。
しかし、ご指摘の通り「はずれ」という言い方ではお子様も決して良い気分にはなれないと思います。
検査員に対しても、小児への対応の仕方・技術などについても再度教育して参りますので今後もお気づきの点など遠慮なくご指摘いただけましたら幸いです。