グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  叱咤激励箱 >  手術室の消化器について

手術室の消化器について


ご意見

手術室の消化器(ハンディータイプ)について

過日海谷院長の執刀により手術をしていただきました。
手術室内の待合室にいる時に携帯消化器の存在に気づきました。
手術前につき焦点があわず詳細確認不可でしたが消化器の型が気になりました。
①ABC消化器②泡消化器③CO2消化器のいずれか未確認でした。
※手術室の中には高額機器がいっぱいあります。急な災害時の初期消火に①②の型式の消化器ですと粉末泡の影響で機器に重大な損失を与え、また復旧には時間がかかります。
その点③の型式(CO2)は影響が最小ですむため機器への影響もほとんどありません。消防指導あることとはいえ病院の機能からご確認いただけると患者様も安心した海谷眼科機能維持につながると考えます。
よろしくご検討ください。
[投函日:2016年4月4日]
回答

ご意見いただき、また非常にご貴重なご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
現在、当院での消火器は、患者様に推奨していただきましたCO2タイプを設置しておりますので、どうぞご安心ください。
このような視点で職員も考える事が出来ておらず、今回の投書をいただき各スタッフへの周知や気付きを与えていただく良い機会となりましたことを感謝申し上げます。
今後も、患者様が安心して受診できる環境整備に努めて参ります。