グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  叱咤激励箱 >  検査に集中するのが大変でした

検査に集中するのが大変でした


ご意見

①診察室NO.13での検査の件イス3台あり、同時に3名診察可能の部屋でした。(その件はよいのですが)私が検査を受けている間に他の2名の方が入り係の方が検査に関する手順を説明していました。耳が遠い方がいた為とても大きな声で説明してました(当然ですが)こちらとしては検査中で集中しなければいけない状態なのに大声は耳に入るしカーテンの開閉はひっきりなしで光が入るとわかりづらい検査でしたので専念するのが大変でした。検査内容にもよると思いますが、外の光が入ると見づらい検査に関しては担当の方の配慮が全くなくびっくりしましたし私には最初説明されあとはほっとかれ状態でした。途中で不都合なことはないか一言かけていただいてもよいのではないでしょうか。そうすれば状況的に検査受けにくいとか言えると思います。
②視力検査室での事 隣に聞こえにくい方がいて、本人も担当者の方も大きな声 それはよいのですが空いている席が十分充分あったのでそちらに廻していただければいいなと思いました。皆さん思っている事と思います。
[投函日:2016年6月24日]
回答
 
ご意見をいただきましてありがとうございます。
①②の事例ともに配慮が足りず、ご迷惑をおかけいたしました。
①の13番検査室については、検査の頻度も非常に高く、出入りが多い状態となっております。しかし、検査員も漫然と対応しており、患者様視点での配慮に欠けていたと思います。器械の配置なども含め、改めて検討させていただき、患者様が安心して検査を行うことができる環境整備に努めて参ります。
②の耳の不自由な方への対応の仕方や、お席のご案内への配慮など細かな心遣いが出来ずに申し訳ございませんでした。
患者様の心情をお察しし、気配り出来る接遇対応に関しまして、あらためて指導して参ります。