グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  叱咤激励箱 >  長い診察となり不快でした

長い診察となり不快でした


ご意見

今日はとても混雑していました。
検査室の前では、待つ人で一杯・すわるイスもありません。立って待っている人もいました。私は1診の前あたりのイスがあいていたのでそこにすわり、待っていました。途中で検査の人を呼んでいるのが分かりました。毎回、番号札を付けさせていますが、他人と間違えないために付けているのではないのですか。呼ぶだけでは同じ名前があるからではないですか。2回目の人は、その時私に先ほど呼んだのにいなかった、と言い、こちらにミスがあるような言い方でとても嫌な気分でした。番号札を付ける理由を説明してほしいし、私の考えと同じならばスタッフにしっかりと教育してほしいです。今日は長い診察となり不快でした。



[投函日:2018年5月8日]
回答
 
この度は、ご不快なお気持ちになられたこと大変申し訳なく、また大変恥ずかしく感じております。
また、院内の混雑においても、大変ご迷惑をおかけしております。
番号札に関しましては、患者様のおっしゃるとおり、取り違いなどの医療ミスを防ぐために、患者様にご協力いただき配布しております。当院のルールとしましても、必ず整理番号とお名前をお呼びするようになっておりますが、今回はそれが徹底されていませんでした。検査部署には、再度徹底するよう指導いたしました。外来の混雑のために、検査室付近にお座りになれない患者様もいらっしゃるという状況を踏まえ、お呼び出しや接遇をしなければいけないところを、全く反対の対応になってしまったことに、心よりお詫び申し上げます。
そういった状況下では、どのような接遇をすべきなのか、このようなことが二度とないように、指導してまいります。