グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  叱咤激励箱 >  術後における検査員の眼の扱い方について

術後における検査員の眼の扱い方について


ご意見

検査の際、眼を検査員の方が開けるのですが、
患者の眼の状態がどうなっているのかきちんと把握することなく、
ガッと力を入れて開くのはあまりに乱暴で、術後せっかく良い経過で来ているのに、
この検査によって眼の状態が悪化するような事があればどうしてくれるの、と
大変憤りを感じています。もっと丁寧に扱ってください。

[投函日:2018年9月11日]
回答
 
大変申し訳ございませんでした。
眼球自体を圧迫せずに瞼を挙げるということは、検査手技の基本でございます。
しかし、この度は乱暴と感じられるほどであった、とのことで、大変恥ずかしく感じております。

再度検査員全員に、対応方法を徹底いたしました。
今後も職員の対応等でのご意見等ございましたら、お気軽にお申し出ください。
何卒よろしくお願い申し上げます。