グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  叱咤激励箱 >  看護師の処置について

看護師の処置について


ご意見

1月に白内障の手術をしていただきお世話になりました。
そのときに気付いた事を書かせていただきます。

先に右眼、一日おいて左眼の手術の時の事です。ナースステーションには患者は
私一人だったと思います。点滴の時、若い方が不慣れな手付きで時間がかかり、
そばには婦長さん他4~5人の方がわらわら居たようです。その中の一人が大丈夫と
声をかけたとき、若い看護師さんは「はい出来ました、大丈夫入ってます」と
テープで止めて、その方がエレベーターで一緒についてくれました。私は腕が
すごく痛かったけれど、「すみません、上手に出来なくて」とエレベーターの中で言われ、
痛いですと言いそびれました。手術後の血圧が180で腕が膨れていました。男の方が
処置をしてくれました。「タオルで散らしますね」と蒸しタオルを巻いてくれました。

お願いしたいのは、4・5人の方が一人でも触って確認して欲しかったです。
そんな血圧の高い時にやってもらった手術は、大丈夫だったのでしょうか?
2ヶ月たってもまだすっきりしなくて心配です。

それともう一点、手術後一週間は位はほとんど通院だったと思います。
一週間後の会計の時、一人の女性が「毎日通院でお疲さま、これからは少し間があき
ますからね。」と声をかけて下さって、心がほっと暖かくなりました。ありがとうございました。
[投函日:2019年4月]
回答
 
看護師の処置に関し、痛みがあったとのこと、誠に申し訳ございません。
その時の状況について確認したところ、時間はかかったものの針が上手く入ったという
認識のもと、問題なしと判断し、という経緯でした。今後は患者様のご不安な気持ちを
第一に考え、特に若い看護師が対応させていただく際は、お声掛けや確認行為を上席の
看護師を含めてしっかり行なってまいります。痛み等気になる点がございましたら、
すぐ対応致しますのでいつでも遠慮なくお声掛け下さいませ。また、ご迷惑をおかけし
ましたが、手術時の高血圧は一時的な場合が多く、点滴漏れは自然に吸収されますのでご安心下さい。 

手術後は通院が多く大変でございますが、手術後2日~1週間が感染などが起こりやすい大事な
時期でもあり、当院では手術後1、2、5、7日目の診察・検査に力を入れております。ご負担を
お掛けいたしておりますが、ご理解いただければ幸いです。

今回は誠に申し訳ございませんでした。今後共宜しくお願い申し上げます。