グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  最新医療器械の導入 >  静岡県内初導入 白内障手術後の乱視軽減へ「Verion™」

静岡県内初導入 白内障手術後の乱視軽減へ「Verion™」


 海谷眼科(助信町)の白内障手術では、乱視を矯正できる眼内レンズを積極的に使用しております。
 昨年12月には、より高度な乱視の矯正を実現する最新機器「Verion™(ベリオン)」を導入いたしました。

 まず、手術前に角膜や結膜の血管情報を読み取ります。それらの情報をもとに、角膜の切開位置や乱視矯正眼内レンズを挿入する位置のガイドを手術中の顕微鏡下に映し出すことができます。それにより、更に正確性の高い手術が可能になり、乱視矯正効果の向上が期待されます。