グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ

叱咤激励箱

ホーム > 叱咤激励箱 > 山本先生、いつもありがとうございます

山本先生、いつもありがとうございます


投書内容

いつもありがとうございます。山本先生の診察を受けています。毎回、患者の立場に立って、安心・勇気づける言葉かけをしてくださいます。3か月に一度の診察が、病気と向き合う励みになっています。「何とかこの眼を80才までもたせないといけないからな。」老後の生き方を、この先生のお言葉で、何とかやっていけるのでは、と希望を持ちました。※輝かしい賞を受賞されたとのこと、おめでとうございます。
[投函日:2021年11月]
お返事
 
お褒めのお言葉、誠にありがとうございます。この「激励」を山本医師へ申し伝えましたところ、大変喜んでおりました。患者様からの温かいお言葉が何よりの励みになります。
我々は、「海のように広く 深い思いやり 慈しみの心」という「海仁の心」をもって私たちは日々の診療にあたっております。最新の医療機器や薬剤で治療をするだけでなく、患者様に寄り添って行動することや温かく励みになる言葉をかけさせていただくことも、「治療」になると考えております。
患者様のQOV(視力の質)・QOL(生活・人生の質)向上のために、これからも「海仁の心」を忘れず、職員一同、日々の診療に携わってまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。
                    
院長 海谷忠良