グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ

治療と手術

ホーム > 治療と手術 > 海仁グループの治療と手術 > ドライアイ治療(IPL治療)

ドライアイ治療(IPL治療)


IPL (Intense Pulsed Light) 治療は、マイボーム腺機能不全に対して、IPL という特殊なライトをマイボーム腺近くに照射することで、マイボーム腺のつまりを解消、涙の油層を正常化しドライアイ症状の改善を目指します。FDA(米国食品医薬品局)で承認を受けている治療法です。
海谷眼科(助信町)にて行っております。

ルミナス社 M22 IPL システム

ルミナス社 M22 IPL システム

マイボーム腺機能不全とは

マイボーム腺

マイボーム腺は、まぶたの裏にある器官で、油分を分泌することにより、涙の蒸発を防ぐ大切な働きをしています。そのマイボーム腺が何らかの原因で詰まったり、炎症を起こして働きが悪くなった状態をマイボーム腺機能不全といい、ドライアイの主な原因となっています。

治療前の確認

  • I PL 治療の適応があるかどうかは、事前に検査・診察の上で医師が判断・決定を行います。
  • 治療直前にメイクや基礎化粧品をすべて落とします。

治療の流れ

  • 専用のアイマスクをつけて顔に密着させます。
  • 下まぶたの下部に水溶性ジェルを塗ります。
  • 頬から瞼の下、鼻にかけて数回フラッシュします。
  • ジェルを拭き取り目のまわりを洗浄して終了します。
  • IPL の刺激により、マイボーム腺の分泌がよくなります。治療効果は個人差はありますが、速やかに現れ、その持続時間は回数を重ねるたびに長くなります。

※所用時間 約10 分

施術後の注意事項

  • 治療後、短期間皮膚が赤みを帯びやすくなります。ほとんどの場合、2~3 時間で元に戻ります。
  • 皮膚の弱い方など、まれに浅達性熱傷によるはっきりした赤みやヒリヒリ感がしばらくでる場合があります。
  • 治療後約2週間は紫外線に当たるときは照射部位に日焼け止めクリームを塗ることをお勧めします。
  • 洗眼、入浴、化粧等、日常生活上の制限は特にありません。

IPL治療不適応の方

  • 授乳中の方や妊娠中の方
  • 光過敏症、光過敏性を高める薬剤をご使用中の方
  • 皮膚が日焼けしている方
  • てんかん発作の既往歴がある方
  • ケロイド体質の方
  • 照射部位にタトゥーのある方(アートメイクを含む)

費用

片眼
(施術1 回につき)
5,500 円(税込)  
両眼
(施術1 回につき)
8,800 円(税込)
※自由診療となります。保険診療との混合診療を行うことはできません。
※当院では3~4 週間毎に4 回の治療をおすすめしております。(実施日/ 第2・4 火曜日) 
※投薬が必要な場合や他の検査が必要な場合などは上記以外に別途自己負担が必要です。
 施術当日は処方ができません。後日来院して頂くことになりますのでご了承ください。

こんな症状はありませんか?

ドライアイでお困りの方はお気軽にご相談ください。
  • 目が乾いた感じがする
  • 目がかすむ
  • 目がショボショボ、ゴロゴロする
  • 目が疲れやすい
  • 目が赤くなりやすい
  • 目やにが出る
  • 目が重たい気がする
  • 目に不快感がある
  • 目がかゆい
  • 目が痛い
  • 光がまぶしく感じる
  • 理由もなく涙が出る