グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ

治療と手術

ホーム > 治療と手術 > 海仁グループの治療と手術 > レーシック > その他の屈折矯正手術(PRK、ICL)

その他の屈折矯正手術(PRK、ICL)


海谷眼科(助信町)では、患者様の眼の状態やライフスタイルに適応するレーシック以外の屈折矯正手術もご提案しております。
手術をお考えの方は、説明会を行っておりますのでお気軽にお電話にてご相談ください。

説明会 毎週水・金 13:00~ 
お問い合わせ・お申込み TEL:053-476-3388

ページ内目次


PRK

海谷眼科(助信町)では眼の状態などによりレーシックが受けられない方(角膜の薄い方等)、スポーツや仕事などで眼付近への接触する機会が多い方(ボクサー ・ラグビー・サッカー・バスケットボール等)のために、PRKという手術を行っています。
角膜の中心部に直接エキシマレーザーを照射し、角膜の形状を平坦化させる非常にシンプルな術式です。両眼の場合、同日に手術しますが入院(一泊入院)が必要です。

手術方法

1.点眼麻酔をし、まぶたを大きく開ける器具をつけます。

2.エキシマレーザーを照射し角膜を平らにします。

3.角膜保護のため治療用のコンタクトレンズを装用し、上皮の再生をうながします。(短期間)

費用

適応検査 11,000円
術前検査 11,000円
手術料金 片眼 247,500円
両眼 495,000円
  • 上記金額は税込み価格です。
  • 入院費、手術後3ヶ月の所定検査料金を含みます。
  • 当手術に関する費用は、医療費控除の対象外です。

フェイキックIOL(ICL)

フェイキックIOLは角膜を削らない視力回復手術です

レーシックやPRKなどの屈折矯正手術は、角膜を削る事で屈折矯正をしますが、角膜が薄い方や強度近視の方は適応しない場合がありました。フェイキックIOLでは角膜を削ることなく眼内にレンズを挿入する為、今まで角膜が薄くてレーシックが不適応になっていた方にも屈折矯正が可能になります。

海谷眼科(助信町)では、米国FDA(アメリカ食品医薬品局)承認、厚生労働省認可のICL(STAAR社)を使用しています。

手術方法

点眼麻酔をして、角膜を約3mm切開します

切開した部分からICLを眼の中に挿入します

虹彩と水晶体の間にICLを挿入します

費用

適応検査 11,000円
術前検査 11,000円
手術料金 片眼 550,000円
両眼 1,100,000円
  • 上記金額は税込み価格です。
  • 手術後3ヶ月の所定検査料金を含みます。
  • 当手術に関する費用は、医療費控除の対象外です。