グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  検査説明 >  眼圧検査

眼圧検査


目的

眼球形態を維持するための眼球内圧を測定します。

対象

眼科を受診されたすべての患者様が対象となるが、主には緑内障などの代表疾患があります。

眼圧検査とは?

眼圧検査とは、房水という液体によって保たれている眼球内圧(眼圧)を測定する検査です。
眼圧は、健康な目でほぼ一定ですが、房水の生産量と流出量のバランスが崩れると変動します。
眼圧の変動は目の異常を知る重要な手がかりです。

眼圧の正常範囲は10~21mmHgとされ,その平均眼圧は15mmHg前後である。
単位はmmHg(ミリ水銀柱)

※眼圧が基準値でも、正常眼圧緑内障の場合がありますので注意が必要です。

検査種類