グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  検査説明 >  視野検査

視野検査


目的

1点をじっと見つめるときに、周囲に見える範囲を視野計を用いて測定します。
人は普段、両眼で物を見ているため、片方の眼だけで見ないと、自分の眼の視野に異常があるかどうかはわかりません。
視神経の障害や緑内障などの眼疾患では、片方の眼のみ障害されたり、左右の眼の障害の程度が違ったりします。
そのため、左右別々に視野検査を行うことで、異常があるか判定することが出来ます。

対象

・視神経の障害や緑内障などの眼疾患

検査種類