グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  検査説明 >  実用視力

実用視力


目的

通常の視力検査の様に、検査条件を設定した状態での視力でなく、普段の日常視下の状態でどの程度の視力が出ているか確認し、その視力をどのくらい持続できているかを詳しく測定していきます。

対象

ドライアイ疾患
白内障手術前後

検査アドバイス

1~2分間連続して視力を測定します。 通常の視力検査と同様に輪の切れ目を答えていただきます。 瞬間的に(2秒間)に輪の切れ目がどの方向が空いているかを判断し連続測定していきます。
適度にまばたきをし、集中して行ってください。