グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  検査説明 >  レフラクトメーター(他覚的屈折検査)

レフラクトメーター(他覚的屈折検査)


目的

遠視・近視・乱視などの屈折度数を測定する検査です。

対象

白内障手術前後
初診の方
屈折異常などの疑いがある方

検査アドバイス

正確に測定するために、視線を固定する事が重要です。
そのため中に見える気球などの写真をしっかり見ていて下さい。
また、力が入ると目の調節機能が働き誤差を生じやすくなりますので、ぼんやりとリラックスして見ていて下さい。