グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  検査説明 >  レーザーフレアメーター(前房蛋白測定装置)

レーザーフレアメーター(前房蛋白測定装置)


目的

前房水の蛋白濃度を定量的に評価する装置です。
白内障手術前後やぶどう膜炎による前房炎症を数値として把握します。
血液房水柵機能が低下すると、房水中に炎症が起こり、タンパクや血球等が増えるため前房内の蛋白濃度を測定します。

対象

白内障術前・術後などの外因性の経過観察
眼内炎・ぶどう膜炎をはじめとする内因性疾患

検査アドバイス

まっすぐ見ていて下さい。
暗室での検査になりますので移動などお気を付け下さい。