グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  検査説明 >  スペキュラーマイクロスコープ

スペキュラーマイクロスコープ


目的

角膜において、五層あるうちの一番内側にある角膜内皮細胞という六角形をした角膜の無色透明度を保つ為の組織の細胞数を調べる検査になります。
角膜内皮細胞は一度壊れると再生する事はないため、加齢による減少や酸素不足による減少など定期的な観察が必要になります。

対象

白内障・緑内障・硝子体手術前後
レーザー治療前後
コンタクトレンズ装用者の定期検査
角膜疾患など

検査アドバイス

緑の光をまっすぐ見ていて下さい。