グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  検査説明 >  近見視力検査(N)

近見視力検査(N)


目的

ものが見えにくい、二重に見えるなどの症状があるときに、最初に行なわれる基本的な検査です。
30cmの距離でのランドルト環(太い円形の一部が切れている輪)や文字の並んだ視力検査表を片目ずつ見て、どの大きさまで見えるかどうかを調べます。
肉眼で見た視力(裸眼視力)と眼鏡をかけた視力(矯正視力)の両方を測定します。
老眼や調節障害などの判定に実施する検査です。

対象

初診患者様のスクリーニング
老眼
眼精疲労
調節障害など

検査アドバイス

目を細めないで見るようにして下さい。
集中するとまばたきを忘れ、目がかすみやすくなりますので、時々まばたきをして下さい。