グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  検査説明 >  MTF(レーザー干渉縞視力検査)

MTF(レーザー干渉縞視力検査)


目的

白内障など中間透光体(光の通り道)に混濁があると、かすんで視力低下の原因となりますが、混濁の影響などを受けにくいレーザー光にて直接網膜に光を当てどのくらいの視力が見えているかを測定します。

対象

白内障術前後
中間透光体に混濁がある方など

検査アドバイス

縞模様の方向を答えていただきますが、縞が細くなり1本の線に見えなくても方向を判断できたら教えて下さい。