グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  検査説明 >  FAG(蛍光眼底造影検査)

FAG(蛍光眼底造影検査)


目的

腕の血管(静脈)に注射し造影剤を入れながら眼底写真撮影を行います。
眼底撮影では分からない血管状態などを撮影していきます。

対象

糖尿病網膜症などの網膜・黄斑部疾患
動脈硬化や高血圧などの全身疾患

検査アドバイス

造影剤を注射してから約10分程撮影を行います。
造影剤を注射する事で気分不快などを起こすことがあります。
検査中異変を感じたら我慢せず、すぐにスタッフへお申し出ください。
(検査前には血圧など全身状態も確認させていただきます。)