グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  検査説明 >  OPD-Scan(角膜形状/屈折力解析装置)

OPD-Scan(角膜形状/屈折力解析装置)


目的

角膜表面の形状を測定する検査です。
角膜は水晶体と同じレンズの役割を担っており、角膜が歪むと眼の屈折異常に大きな影響がでます。
白内障やLASIK手術の前後や円錐角膜、角膜疾患、角膜移植前後などに検査を実施します。

対象

円錐角膜
角膜変性・角膜疾患
白内障手術前後
角膜移植手術前後

検査アドバイス

検査中は目を大きく開け赤い光を見ていただきます。
検査測定中の数秒間はまばたきを我慢していただき、目を大きく開けて下さい。
目が乾燥している場合などは、目薬を点眼して実施する事もあります。