グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  検査説明 >  眼底カメラ撮影

眼底カメラ撮影


目的

眼底検査は、人間の体で直接血管を観察する事のできる唯一の検査です。
これにより、血管状態や網膜・視神経など眼の奥の状態の写真撮影を行います。

対象

網膜剥離や糖尿病網膜症などの網膜・黄斑部疾患
動脈硬化や高血圧などの全身疾患

検査アドバイス

強い光(フラッシュ光)が当たり非常に眩しい検査になります。
目を動かさずまっすぐ見るようにして下さい。
検査後に眼が眩む状態など続きますが、すぐに回復しますのでご安心下さい。