グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  検査説明 >  フォトスリット(細隙灯顕微鏡検査)

フォトスリット(細隙灯顕微鏡検査)


目的

眼表面や前眼部(眼内の前方部分)の状態を写真撮影します。
白内障手術後の眼内レンズの状態や手術後の創口部・各疾患部の撮影を行います。

対象

手術前後の状態撮影
病巣部/病変部の撮影

検査アドバイス

数種類の撮影パターンにて撮影する場合、多少お時間がかかる場合がございます。
非常に眩しい検査になりますので、出来るだけ大きな目でまっすぐ見て下さい。