グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  検査説明 >  VEP(視覚誘発電位)

VEP(視覚誘発電位)


目的

視覚刺激を与えることで大脳皮質視覚野に生じる電位を計測し、視神経以降より脳までの回路の働きを調べる検査です。

対象

視神経病変(脱髄、中毒、圧迫、虚血など)
視交叉部病変(下垂体腫瘍など)
視交叉後病変(脳梗塞など)
パーキンソン病
ヒステリーの鑑別など

検査アドバイス

市松模様の視標を約1分間程見ていただきますが、出来るだけリラックスした状態で検査をお受け下さい。