グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  検査説明 >  超音波Aモード

超音波Aモード


目的

眼の表面から網膜までの長さ(眼軸長)を測定する検査です。
白内障手術時に入れる眼内レンズの度数決定をする上でも重要な検査になります。

対象

白内障・硝子体・LASIKなどの手術前検査
近視などの屈折異常の方

検査アドバイス

器機の先端が直接目に触れますが、点眼麻酔をして検査を行いますのでご安心ください。
目は動かさずまっすぐ前を見ていて下さい。