グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  検査説明 >  ヘスコージメータ(Hess赤緑試験)

ヘスコージメータ(Hess赤緑試験)


目的

両眼の動きが正常に行われているかを調べる検査です。
眼の神経や筋肉に何らかの異常があるために、斜視になっていたり、眼の動きが悪かったり、過剰に動きすぎたりする場合にこの検査を行います。

対象

外傷(眼窩、頭部)
筋炎
脳腫瘍
脳出血等の頭蓋内疾患
高血圧
動脈硬化症
甲状腺機能異常などの全身疾患
斜視・眼球運動障害・頭位異常のある方など

検査アドバイス

赤緑眼鏡をかけた状態で、器械の上にお顔を載せていただきます。
光を重ねてもらう検査になりますので、必ず赤緑眼鏡を通して光を見るようにして下さい。