グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  検査説明 >  ウェーブフロントアナライザ(KR-1W)

ウェーブフロントアナライザ(KR-1W)


目的

近視・遠視・乱視以外の屈折異常のことを高次収差(不正乱視)といい、その状態を測定する器械です。
また、測定結果から患者様の見え方をシミュレーションすることができます。
その他の機能
・角膜の屈折や、形状の把握、目の表面の波面収差の測定
・瞳孔径の測定
・角膜前面での収差と眼球全体での収差を比較することで、見え方にどのような収差の影響を与えているか測定することが可能

対象

角膜疾患
初期白内障の患者様の他覚的な見え方の評価
眼内レンズの選択時の収差確認
ドライアイ

検査アドバイス

赤い家のマークが見えますので、検査中は5秒程度まばたきを我慢してください。
まつ毛が入らないように出来るだけ大きく目を開けてください。